お知らせ情報

令和3年度の看護研究発表会を開催しました

2021年12月11日

泰玄会病院看護部主催

WOC相談室及び、二つの病棟と外来から4つの演題の発表がありました。

 

演題

1 緊急ストーマ造設術後から外来におけるストーマの受容へのケアのあり方

   ~フィンクの危機モデルを用いて~ (WOC相談室)

  「地域で一番面倒見の良いストーマケアをめざします!」

 

2 高齢者見守りシステム「見守りライフ」の活用について(第3病棟)

  製品の特徴:ベッド脚に取り付けた4つのセンサが入居者のベッド上の動きを検知し、ナースコールへ通知することで、転倒・転落リスクの低減に貢献します。

  考察:高齢者や認知症の方に有効であったため、患者様の安全のため有効活用していきたい。

 

3 乳がんの自壊創患者の処置法について(第1病棟)

  看護目標:左乳がんの自壊創の滲出液が多く、処置に伴う苦痛を軽減する

  評価:医師、薬剤師と連携し目標を達成することができた

 

4 発熱外来の取り組みを振り返る(外来)

  昨年の4月から今年の10月までの発熱外来の集計を行った。

  当院では引き続き、感染対策を十分行い発熱している患者様の診療を行います。

 

以上 4つの演題について、大変有意義な発表会となり、今後の看護に役立てていきます。

 

一覧に戻る