お知らせ

三条ブロック長会 おじゃましました
2024年5月25日

5月16日、三条公民館において三条ブロック長会がありました。そこで、新年度における地域包括支援センターの役割や取り組みについて、説明させていただきました。
2024年4月1日現在、一宮市の65歳以上の高齢化率は27.4%と上昇しています。今後、介護保険サービスだけでは高齢者を支え切れない状況が懸念されています。
高齢者の生活を支えるためには、介護予防など自ら取り組む「自助」、地域住民同士が助け合う「互助」の取り組みが重要になることをお話しさせていただきました。
その後で、住民の気づきから町内会長さんが包括支援センターに相談された話をされました。そして「困ったことがあったら包括に相談すればいい」と参加者に向けて発信して下さいました。
地域でしか発見できない問題があります。ご近所づきあいや見守りが高齢者を支えています。地域包括支援センターでは介護予防をはじめ、みなさんの声を聞きながら地域の人と協力し合い、助け合える地域づくりに貢献していきたいと思っています。