お知らせ

びさい祭りに参加しました!!(一宮市包括支援センター泰玄会・泰玄会病院)

2019年10月29日

1026日(土)びさいまつりにて、泰玄会病院第1駐車場で認知症の啓蒙活動を行いました。

びさいまつりへの参加は今年で4年目となります。今年は大人から子供まで、902名の方にご参加いただけました。

 

 紙芝居をみた子どもや保護者の方からは、「みんなの協力が必要」「認知症になったら、いろいろな人が助けわないといけないと思った」等の意見や「わかりやすく、介護する側にも安心できるお話でした」との意見もいただけました。

 この他にも、救急車の展示や白衣の試着、小児用車いすの乗車体験やセニアカーの展示と、参加者の方々に楽しんで頂けたと思います。

 65歳以上高齢者の約4人に1人が認知症の人またはその予備群と言われています。認知症になっても安心して暮らせる一宮市となることを目指し、正しい知識と対応について知っていただけるように今後もこのような取り組みを続けていきたいと思います。

 

 

紙芝居の様子

一覧に戻る