お知らせ

第63回日本透析医学会学術集会にて学術発表しました(泰玄会病院)

2018年07月03日

6月29日~7月1日 神戸国際会議場ほか

泰玄会病院 血液浄化センター

 

日本透析医学会学術集会にて今年も学術発表をしました。

テーマ「エテルカルセチドの臨床効果の検討」

 

 

内容

 二次性副甲状腺機能亢進症(2HPT)の治療薬として新たに承認されたエテルカルセチド塩酸塩(ETE)は静注薬であり服薬コンプライアンスが改善し臨床効果の向上が期待される。今回、我々は経口薬剤シナカルセト塩酸塩(CIN)からETEに変更しその効果を検討した。

一覧に戻る