お知らせ

起連区主催の教養講座にて講演会を開催しました(一宮市地域包括支援センター泰玄会)

2017年09月11日

98日(金)1330分より、起つどいの里にて、起連区高齢者といきがいと健康づくり推進協議会主催教養講座が開催されました。泰玄会西病院平田事務長を講師に、テーマは「防災」として行いました。会場は当初予定していた椅子や資料が足らない程で、65名(男性15 女性50名)の参加がありました。

 

前半では、震度7クラスの巨大地震が起きた時、「あなたの生存率は何パーセント?」としてクイズ形式で進められ、雑居ビル、電車、車の運転中、自宅など、各場面でどのような行動に移すのが良いかを考えさせられました。

「しまった!そっちだったか!!」「私は何とか大丈夫、生き延びる。」など、皆さんは熱心に話し合い、講師へ個々に質問もされていました。後半は、“被災地のトイレ問題”について話しがありました。当たり前のように電気やガス、水道が使用できる今日とは異なり、「避難所は排泄物であふれる」といった衝撃や、実際の簡易トイレの写真に、参加者は深く頷きながら最後まで講師の話に集中しておられました。

地震に備えることの大切さ、ひとり一人がお互いを気づかえる地域にしていくことが何よりも必要であることを改めて学ばせて頂いた一日でした。

 

一覧に戻る