薬剤部

薬剤部

  • 医療法人泰玄会
  • お見舞いメール
  • 泰玄会病院 facebook

理念・基本方針

薬剤部では、地域密着型の総合病院として、患者本位のチーム医療に貢献すべく、医療の進歩に伴う質の高い薬剤業務の展開をめざしています。

業務内容

  • 院外発行率 約9割
  • 入院処方箋
  • 注射処方箋
  • 薬剤管理指導
  • 抗がん剤調製
  • VCM解析、TEIC解析
  •                 等

特徴

薬剤部は病棟の1階に位置します。 院外処方箋の発行率が90%をこえた病棟型業務を展開しています。 調剤室・注射薬室・DI室・化学療法調剤室に区分され、院内の薬剤業務全般および外来化学療法を担当しています。化学療法調製用に安全キャビネットとしてクラスⅡタイプB2を設置しています。 病棟の業務としては、薬剤療法の有効性・安全性の向上に資する薬剤関連の業務に関わっており、医師には持参薬情報や検査値から処方提案やオーダー入力支援等を積極的に行っています。また看護師に対し、注射剤の配合変化、溶解後の安定性、注射薬の投与速度、保存方法、ラインの選択等の情報提供を行っています。 小規模病院の特徴として、医師・看護師・検査技師、栄養士、事務との距離が近いことから、蜜な医療チームを組むことが可能です。現在のところ、薬剤師の当直業務はありません。

業務内容

  • 調剤
  • 注射調剤
  • 医薬品管理
  • 薬剤管理指導
  • 注射剤混合
  • 血液製剤管理
  • 医薬品情報管理
  • 薬物血中濃度解析

調剤

内服薬を用法ごとに1包化します。薬包紙に氏名・服用方法を印字し、過誤防止に努めています。
入院時、患者様の持参薬を鑑別確認し、医師に対し持参薬報告をしています。

注射調剤

注射薬カートを用いて病棟ごとに個人別セットをしています。 処方ごとに患者名、薬品名をラベル印字し、注射薬に添付し払い出しています。定期的に外来・病棟の定数薬品のチェック(数量・期限・保管 方法)や見直しを行っています。特定抗菌薬(カルバぺネム系薬・抗MRSA薬・ニューキノロン系薬)を医師からの届出制にし、適正使用を図っています。

医薬品管理

定期調剤・注射セットを終了時点で、使用された薬品の数量を把握し、次日使用される薬品を考慮し発注します。 納入される医薬品は、商品名・剤形・規格単位・数量・包装単位、使用期限の検品を行います。この業務は、医療・病院経営の観点から重要な業務です。また、治療方針の変更から、使用されなくなった医薬品は返品します。
また、新規採用依頼書(薬品名、規格、使用目的)が医師から出された場合は薬事審議会で審議し、薬品は適正な採用であると判断された場合は採用されます。採用された薬品は、電子カルテ上に薬品マスターを作成し、仕入れ問屋の選定をし、実際に処方できるようにします。

薬剤管理指導

患者様への安全で適正な薬物使用と薬害防止を目的とし、チーム医療の一員として病棟活動しています。入院時の持参薬の検薬、持参薬継続確認、配薬チェックを行っています。
また、ハイリスク薬の説明や吸入指導、インスリンの自己注射の指導などは患者様の目線で服薬指導することに心がけています。

注射剤混合

抗ガン剤では、医師より提出された処方計画書に基づき、プロトコールの確認、用量・用法の確認、それに伴う前処置薬や副作用緩和目的の薬物療法等、一連の流れを薬学的見地から精査し、監査しています。
投与当日は、複数の薬剤師で確認し、抗がん剤取扱い指針に従って、安全キャビネット内(クラスⅡタイプB2)で、閉鎖式接薬剤移送システムを用いて調製しています。

血液製剤管理

血液製剤は医師の届出制にしており、病棟・患者名・使用薬剤名、数量を記入された書類を提出して頂きています。使用日、ロット、使用期限の管理をしています。

医薬品情報管理

医薬品の情報収集・管理・提供(緊急安全情報・医薬品安全性報告・プレアボイド報告)を行っています。
PMDAより医薬品・医療機器に関する情報を取得できる体制を整えています。
その情報は、速やかに医師に伝達できるようにDIニュースを発行しています。
医薬品使用により生じた副作用を院内で確認した場合は、担当医師より詳細確認しPMDAに報告するようにしています。

薬物血中濃度解析

抗MRSA薬のTDMは外注で行っています。抗MRSA薬の初期投与量の設定と至適投与量・用法は、患者様の腎機能・年齢・性別等を考慮し、専用プログラムを用いて解析し、医師に提案しています。