診療科・センター

乳腺外科

外来担当医表

受付時間 8:20~12:00 / 13:20~17:00

診療時間
8:30~12:00 谷本典隆 谷本典隆 谷本典隆 谷本典隆 谷本典隆
14:00~17:00 谷本典隆 谷本典隆 谷本典隆

※予約制のため、受付にお尋ねください。

診療科の特色

乳腺外科では「安全で安心な優しい医療」をモットーに

診療を行っています。

 

乳がんに携わる医師として、「最良・最善の医療」を提供することは当然ですが、患者さんの病気への不安に対して可能な限りサポートし、患者さんの気持ちを十分理解し、患者さんが心身ともに病気を乗り越えられるような医療の提供をいつも心がけています。

健診(視触診、マンモグラフィー、超音波検査、CNB)

乳がん検診(年間132件)業務はもちろん病診連携病院からの紹介患者さまに対応し、視触診、マンモグラフィー、詳細な超音波検査を施行し、その検査結果を丁寧に分かり易く説明するとともに、乳腺腫瘤と診断し必要な場合には針生検(CNB)を積極的に施行(年間90件)しています。そしてCNBを施行する場合には、安全に十分留意し、施行中も施行後も患者さまの管理に心がけています。CNB標本の病理診断は京都大学病理学部で行っており、乳癌と確定診断した場合には術前精査を詳細に行い、年齢や病状に応じた最良の治療を提供しています。

乳がん手術

基本的に、乳がん手術(乳房温存術or非定型乳房切除術)+腋窩リンパ節郭清術を実施します。そして、東海細胞研究所において切除標本の病理検索診断が行われ、乳がんの病型分類を行いそれに応じた術後治療を選択します。また、乳がんの再発に対する不安やがんの進行に伴う痛みなど、治療に関連して起こる心身の苦痛に対し、がん患者さんの心のケアと、麻酔科(ペインクリニック)にも連携し、その病態に応じ化学療法を含めた治療法を選択し施行しています。

乳がん術後の薬物療法(ホルモン療法:抗がん剤治療)

乳がんにおいては、術後の薬物療法(ホルモン療法や抗がん剤治療など)がとても重要な役割を担っています。当科では、乳がん薬物療法も積極的に行い、最新のエビデンスに基づき、それぞれの患者さんに応じた最適な治療を選択し、投与薬剤が決定すれば当院薬剤師による投与薬剤の詳細な説明を行ってから開始します。薬物療法施行前には毎回血液検査を行い、患者さんの病状を確認し投与量を確認しています。また薬物投与1W後も血液検査や病状確認など、より安全に治療施行することを心がけています。乳がんは術後10年、20年、30年後にも再発や転移を来たした症例があるとの報告があり、当院では術後も定期検査をしっかり行い再発・転移の早期発見に努めています。

 

 

医師の紹介

谷本 典隆〔たにもと のりたか〕

  • 日本外科学会認定医・専門医
  • 日本消化器外科学会認定医
  • 消化器がん外科治療認定医、検診マンモグラフィー読影認定医