お知らせ

令和元年度第1回開明連区生活支援体制整備事業交換会が開催されました

2019年08月09日

   729日、令和元年度第1回開明連区生活支援体制整備事業交換会が開催されました。

連区長、町内会長、総代、老人会長、民生委員、サービス事業所の皆様にお集まりいただき計35名の方が参加されました。

   開明連区の生活支援体制整備事業意見交換会は今年で5年目となります。継続してサロン運営されている町内、サロン運営の実行委員会を立ち上げられた町内、地域の事業所が開催しているお出かけ広場に協力している町内等、いろいろな形での集まる場が開催されています。

   今回は社会福祉協議会より一宮市のこれまでの取り組みについての情報提供と、各小町内からの活動報告のあとで、町内毎に今後の活動や地域で気になっていること等について話し合いました。

   アンケート結果からは、「他の町内会の取り組みが参考になった。」「人と人との関わり、つながりがやはり大切だと思う。おしゃべり会で相談もできたりする。」等の意見が聞かれました。

   これからも地域の皆様との話し合いを重ね、住みよい地域となるよう、地域包括支援センターもお手伝いをさせていただきたいと思います。

 

 

一覧に戻る