お知らせ

中玉野公民館にて認知症サポーター養成 講座を行いました

2018年12月10日

 122日(日)に、朝日連区中玉野町会長様や地域住民様からの要望があり、中玉野にお住いの住民の方を対象に認知症サポーター養成講座を開催しました。

 

 地域住民の方約25名の方に参加して頂くことができました。朝日連区は一宮市でも高齢化率が一番高いこともあり、住民の皆様も認知症について関心が高いこともあるかと思います。頭の体操クイズでも真剣な表情で考えてみえたり、講義では熱心にメモをとる方の姿が多くみられました。

 講義の中で、対応の例として寸劇もやらせて頂きましたが、「そうかそうすればいいのか」などの意見や頷く姿も多くみられました。自分達も対象年齢になるのでより身近に感じられたのではないでしょうか。

 

 質問コーナーでは、「先日迷って自宅に入ってきた高齢者がいた。その時には警察に連絡したが良かったのか?」という実際の体験を話される方もいました。

 

 包括支援センターは認知症の相談窓口にもなっていますが、迷われた方の保護については、警察に家族から連絡が入っている場合もあるので、まずは警察に連絡をして頂ければと思います。

 

 今回の講座を通して、地域住民の方にも、より一層認知症についての関心を持って頂き、認知症になっても安心して過ごせる住みやすい一宮市になるようにお手伝いをしていきたいと思います。

 

一覧に戻る